コラーゲン・トリペプチドの特徴/組織への取り込み

組織への取り込み(in vivo)

速やかな「吸収性」と「機能性」が期待されるCTP。吸収された後の組織への分布について検討しました。

組織への取り込みの試験

■方法

【被験物質】
前記の消化管からの吸収性の検討と同様に、CTP中の主要成分のひとつである“Gly-Pro-Hyp”をトリチウム(³H)標識したものを被験物質としました。
【組織への分布の観察】
16時間絶食措置を施した5週齢の雄ラットに、被験物質を0.35 mmol/kg単回経口投与しました。最終投与から24時間後に全身オートラジオグラムを作製し、被験物質の各種組織への分布を観察しました。

■結果

試験結果を下図に示しました。単回投与24時間後の全身オートラジオグラムでは、皮膚、骨、軟骨などに特に多く「放射能分布」すなわち「被験物質の分布」が認められました。

各種組織への分布(全身オートラジオグラム)

関節および骨周辺組織へのトリペプチドのとりこみ *1

*1 Yamamoto et al. 応用薬理 89(5/6)(2015)in press

■考察

CTPは吸収された後、皮膚、骨、軟骨、腱などの組織に選択的に取り込まれることが確認されました。このことから、これらの組織の構築に寄与していることが強く示唆されました。