コラーゲン・トリペプチドの特徴/安全性

アレルゲン性

ゼラチン・アナフィラキシーを誘発すると考えられているIgE抗体(ゼラチンに対する)と反応し難くなっています。

感作リンパ球の応答データ

CTPはアジュバント(FCA)と一緒に腹腔内に注射しても、リンパ球を活性化するレベルは非常に低い事が確認され、より安全性が高い事が示されました。

*免疫量:200から400μg(3回の繰返し免疫後もリンパ球の応答なし)